投資信託

これまで投信工房は毎月分配型ばかり新規追加していましたが、ついにeMAXIS Slim新興国株式インデックスの取り扱いが決定しました! 新規取り扱い投信   eMAXIS Slim新興国株式インデックス以外の新規取り扱い投信は以下 ...

投資信託

  前回の記事の続きです。 会場内の展示物 フェス会場の入り口付近には様々な展示物がありました。中でも注目を集めたのは金塊のレプリカと一億円の札束のレプリカでした。実際に触れたり持ち上げたりすることができます。 ですがこれ、つみた ...

投資信託

  先日虎ノ門ヒルズにて開催されましたつみフェス2017に参加しました。イベントの概要はすでにほかの方が紹介していると思いますので、ここでは私が気になった点について触れていきたいと思います。 金融庁は本気 会場に着くとなぜか浴衣姿 ...

週報

  今週の週報です。9月8日に暗号通貨をすべて売却し、日本円に変えました。今回はその経緯について報告します。 今週の投信工房  評価額は306579円で4079円(1.4%)のプラスです。ついに30万を突破しました。日本と先進国は ...

投資信託

タイトルの通りです。また松井証券の中途半端なサービスを再認識させられました。 4%ルールとは 4%ルールというのは松井証券が毎月分配型投資信託の取り扱い開始にあたり、資産運用の出口戦略として紹介しているルールです。 また4%ルールについては ...

週報

  今週の週報です。北朝鮮リスクが遠のいたと思ったら、北朝鮮がまた核実験しやがりました。投信は大幅に回復しましたが、また下がりますね・・・ 今週の投信工房   評価額は293725円で7225円(2.6%)のプラスです。 ...

投資信託

前回は投信工房(というよりは松井証券)から撤退する理由を書きました。しかし投信工房にも画期的なメリットがあります。今回はそのメリットを手放してまで、松井証券から撤退するべきなのか検証したいと思います。 自動リバランス 複数の資産を決められた ...

投資信託

松井証券が毎月分配型投信の導入を受けて、今後の投信積み立てを再考せざるを得なくなりました。そこで今回は投信工房の撤退を考えている理由を整理したいと思います。 インデックスファンドの新規採用は望み薄 最大の理由は、低コストのインデックスファン ...

週報

  今週の週報です。今週は投信よりも仮想通貨を注視することが多かったです。 投信工房の積み立て状況   評価額は274475円で3975円(1.5%)のプラスでした。新興国株式が大幅上昇し、4%のプラスです。北朝鮮リスク ...

投資信託

前回の記事で松井証券が毎月分配型の投信を取り扱いを開始するとお伝えしましたが、今回は彼らが毎月分配型投信に対する考え方について触れてみたいと思います。 松井証券の毎月分配型投信に対する考え方 松井証券の毎月分配型投信に対する考え方については ...