節約

モンベル会員は本当にお得なのか徹底検証⁉

モンベルクラブ

私はスポーツブランドやアウトドアブランドの服が大好きで、下着や靴下を除けば、上から下まですべてブランドものです。特にアンダーアーマーとモンベルは特にお気に入りで、普段着用している服はほとんどこれらです。

烈々なモンベルの信者である私は当然モンベルクラブに入会しています。モンベル会員は有料なのにもかかわらず毎年更新していて今年で5年目となります。

しかし毎年会費を支払い続けてまで会員を続ける意味があるのかどうかというのはずっとなやんでいます。そんなに頻繁に服買わないですし。そこで今回はモンベル会員が本当にお得なのか検証し、継続するべきなのか考察していきたいと思います。

モンベルクラブとは

モンベルクラブはモンベルの有料会員で、提携施設の優待やショッピングの割引などの特典がうけられます。年会費は1500円でこれが無料になる条件はありません。年会費は利用額や会員年数に関係なく1500円かかります。

ちなみに1500ポイント以上ポイント残高がある状態で更新しないでおくと、年会費をポイントで支払う代わりに更新することができるようです。

過去に更新を忘れていた時に偶然経験しました。公式ではないので今も実施されているのかはわかりませんが。

新規登録および更新時に500ポイント(500円相当)が付与されるので、実質年会費は1000円となります。主な特典は以下の通りです。

  • モンベルストアまたはオンラインショップで買い物をした場合、購入金額のを5%から9%がポイント還元される。
  • フェリー・レンタカー料金の割引
  • 会報誌とカタログが送付される。
  • フレンドエリア・フレンドショップで割引等のサービスが受けられる。
  • 講習会・情報サービスご優待

これらのサービスがお得なのかどうかを私の利用経験も踏まえて検証してきます。

モンベルクラブの優待

ポイント還元

最も利用頻度が高い特典がポイント還元です。モンベルストアとオンラインショップでは最低でも5%、その他のサービス利用で利用金額の3%のポイントが付与されます。

会員継続すると割引率も上がっていきます。割引率は以下の通りです。

利用対象 モンベル取り扱い商品購入 モンベル・アウトドア・チャレンジ(M.O.C.)イベント 旅行 保険 フレンドマーケット モンベル直営飲食店



初年度 5%(6%) 5%(6%) 3% 3% 3% 5%(6%)
2~4年目 6% 6% 3% 3% 3% 6%
5~10年目 7% 7% 3% 3% 3% 7%
10~19年目 8% 8% 3% 3% 3% 8%
20年目~ 9% 9% 3% 3% 3% 9%

一応入会後の累計購入金額が50万円以上になると、累計購入金額に応じて継続年数に関係なくランクが上がるようです。毎年旅行に行っている人だったら恩恵を受けられそうですが、日帰り登山程度ですと少々難易度の高い条件です。

ちなみに私の場合は継続年数5年(ゴールド会員)なので割引率は7%となります。この割引率で年会費の元を取るためには毎年約1.5万円購入する必要があります。(更新時にポイント付与されるため、年会費を1000円として計算)。

入会したばかりの方ですと、元を取るためには毎年2万円購入する必要があります。モンベルの製品は品質が良い分価格もそれなりにしますので、これくらいでしたら到達可能かもしれません。

ただし、モンベルの製品は結構長持ちするので毎年服を買うのかといわれると正直微妙です。毎年登山ウェアを買い替えている人は少ないはず。

靴下や下着、もしくは登山グッズのスペアパーツなど買い替えサイクルが短い商品をどれくらい購入しているのかが会員費の元を取るカギになるでしょう。

下着や靴下はそこそこ値段がはりますが、消臭性能や保温性能はとても良いので下着や靴下をモンベルに統一しているのであれば確実にお得になると思います。

またモンベルのタイツは意外とコスパ良いです。アンダーアーマーなんかと違って段階着圧とテーピング機能がついていてアンダーアーマーのタイツとほとんど価格が同じですからね。タイツもそこまで長持ちするものではないのでこちらもモンベルのものを定期的に購入するのであれば年会費の元を取りやすくなるのではないでしょうか。

ちなみに電化製品や食料に関してはモンベルよりもよそで買ったほうが安くて高品質なので、これらを積極的に買って年間購入金額を稼ぐことはおすすめしません。モンベルはあくまで登山用品がメインです。

毎年ギフトを送っている方でしたらフレンドマーケットも視野に入ると思います。これは全国の特産品を購入できるサイトで、ここでも3%の割引を受けられます。

フェリー・レンタカー料金の割引

レンタカーは大手の会社は一通り網羅しており、最低でも5%の割引が受けられるようです。割引と書いたありますが、一部は部屋のグレードアップやプレゼントがあるだけのものもあるので注意が必要です。

会報誌とカタログの送付

ぶっちゃけ全然読んでないです。送付されたら目を通しますが、別になくてもよいかな。会報誌のバックナンバーは300円で購入できるらしいですが、買う人いるのか?

会報誌に何かお得な情報が載っているというわけではなく著名人のコラムがメインコンテンツのようです。そのためこれを目を通さなくても特に困りません。

プレゼントキャンペーンもあるのでたまに応募したりしますが、当選したことはないです。

フレンドエリア・フレンドショップで割引等のサービス

フレンドエリアとフレンドショップはその多くが旅行または登山関連ショップです。またモンベル直営の飲食店は都内と観光地にしかなく店舗数も少ないので、地方在住の私には日常的に活用できるサービスではありません。

あくまで旅行や登山の時に受けられる特典なので、旅行先で優待が受けられるお店があればラッキーくらいに考えておけばOKだと思います。

講習会・情報サービスご優待

モンベル主催のイベントや講習会はモンベルクラブでないと料金の割引が受けられないので、イベントに定期的に参加する方であればかなりお得になると思います。

それ以外にも気象情報サービスや山岳ガイド、カヤックツアーガイドの優待があります。

私は利用したことがありませんが、モンベル主催のイベントは以前から参加してみたいと考えております。

あとなぜか無添加せっけんの会社や引っ越し、ペット保険の優待が受けられます。登山と関係ないじゃん。

福袋

モンベルはアウトレットを除けば値引き販売されません。唯一公式に値引き販売されるのは年始の福袋だと思います。

1万円の福袋が販売されますが、モンベルクラブ限定で3万円の福袋がオンラインで購入できます。

私は1万円と3万円の福袋を購入したことがありますが、どちらも定価の半額くらいで購入できるため非常にお得でした。

3万円の福袋にはゴアテックスのアウターと寝袋が入っていましたからね。これだけで2万円以上はします。お得感はんぱないです。

ですがこれはもう過去の話、ヤフオクやメリカリで転売する方が急増したせいなのか、今年は開催されませんでした。この調子だともう開催しないかもしれません。

 

類似サービスが多い

ポイント還元は昨今のクレジットカードの還元率を考えてもかなりお得ではありますが、それ以外のサービスは他のサービス・優待と重複しているものが多いです。

例えばレンタカーやフェリーの優待はJAFの優待とかぶっていますし、勤め先や加入サービスに福利厚生がある場合はそれで代用できるケースがあります。

私はソニー損保の自動車保険に加入しており、リロクラブという福利厚生サービスが無料で受けられます。宿泊やレジャー、外食などサービスの幅も広く、モンベルよりはずっと利用しやすいです。

モンベル直営店やモンベルが主催するイベントに関する優待はモンベルクラブでないとだめですが、それ以外の優待はモンベルである必要がないです。むしろ他サービスのほうが利便性が良いと思います。

モンベルクラブに入会したほうが良い人

年間2万円以上モンベルストアで買い物をする人か、モンベル主催のイベントに毎年参加している人はモンベルクラブに入ったほうが良いでしょう。

ポイント還元とイベントでの優待以外は正直微妙なので、上記に当てはまらない人は別のサービスの利用を考えたほうが良いと思います。

会員の継続

悩んだのですが、やっぱり継続することにしました。

確かにモンベルクラブの優待はしょぼいです。他社のサービスのほうが断然良いと思います。

ですがポイント還元に関しては別です。

入会しただけでも5%のポイント還元が受けられますから、入会後にウェアを一式そろえるだけで確実に年会費の元がとれます。その後も継続して買い物をするのであれば損をすることはないかと思います。

私は少なくとも年に1回以上はモンベルで買い物していますし、年会費実質1000円ですからね・・・そこまで損はしないのではないかと思いました。実家にお歳暮を贈っているのでフレンドマーケットで全国の特産品を贈るのもいいかな。