肉体改造

アナボリックステロイド使用記録 その9

全然肉体改造の記事を投稿していなかったので、現在の近況を報告します。本業が忙しくて成果は今ひとつです・・・

現在の体形

正直ほとんど変わっていません。測定に行く暇がなかったので体組成測定の結果はありません。時間が取れたら測定したいのですがね。

体重は71kg前後で前回の体組成測定とほとんど変化はなかったです。これでも6月から8月にかけてオキシポロンを使用したのですが、ほとんど変わらなくなってしまいましたね・・・

一応腕の筋トレを重点的にやったので多少は腕が太くなったような気はしますが、劇的な変化はさすがにないです。また下半身がなかなか肥大しないです。肥大していないことはないのですが、上半身と比べると程度は小さい気がします。

ただし周囲の人からは「腕ふといね」とか「ボディビルやってるの?」とか聞かれる頻度が各段に増えました。まあ1年前より10㎏以上体重がふえていますからね。

「スポーツやってるの?」ではなく「ボディビルやってるの?」ですからね。これまでの筋肥大はやっぱりかなり劇的なものだったようです。

副作用

現時点でも自覚できる副作用はなかったです。ただし血液検査では当然ですが、影響はありました。

具体的にはLDLコレステロール値が上限を超えており、肝臓関連の指標が若干上限値を上回っていました。

どちらもアナボリックステロイドの副作用としてはよく知られているものです。採血時はステロイドの使用をやめてからまだ3週間程度だったので完全に回復していなかったのかもしれません。

私の場合はオフ期を大体2か月程度だったのですが、もっと伸ばしたほうが良いと思いました。

脱毛等の副作用もなかったのですが、一応念のためニナゾルシャンプーとフォリックスのミノキシジルローションを使用しています。

また体重が増加したため肥満傾向にあると診断されてしまいました。ただしこれは体重のみの判断なので気にする必要はないです。

停滞気味

本当はどうせ筋肉もりもりになるのならとことんやってみたかったので、体重80kgまでバルクアップしてそのあと減量したいと思っていたのですが、さすがに初期のころよりも体重増加が起こりにくくなってきました。おくすりブーストでもこれが限界なのでしょうね。

少なくとも同じことを続けていてもしょうがないのでしばらくはステロイドの使用を中止し、トレーニング内容や食事の改善を重点的に取り組みたいと思います。前回も同じこと言っていますが。

正直本業がマジで障害になりつつあります。控え目にいってクソです。

残業と休日出勤が多くトレーニングできなかったり食事がいい加減になったりしていいことは全然ないです。私の仕事はある程度季節による仕事量が変動するのですが、今年は特にひどいです。お盆休みも出勤でしたからね。

HMBの使用を中止

サプリメントに関してはHMBの使用を中止したこと以外は特に変わっていません。

HMB高いんですよね。マイプロテインでセール時に買えば多少は安くつくのですがそれでも出費の増加することには変わりません。

youtubeとかを見ていても他の方はプロテイン、BCAA、EAA、そしてクレアチンをほぼ必ず使用していますが、それ以外のサプリメントは必ずしも使用していません。

HMB自体がまだ登場してまだそんなに時間がたっていないのと、そもそも筋肥大に必ずしも必須ではないからなのだと思います。HMBだけ使用しても肝心筋肉の材料が不足していては意味ないです。

ステロイドを使用するとそれなりに出費がかさむので必要最低限のサプリメントにしたほうがお財布にやさしいですね。

今後の方針

上でも書いた通りステロイド使用を中止しトレーニングや食事の見直しを行います。本業もどうにかしたいですがね。

実は私のブログはアナボリックステロイド関連の記事のアクセス数がとても多いです。世間的にはステロイドの使用は危険という認識だと思うのですが、これだけアクセスが来るとなるとかなり多くの人がステロイドに興味があるもしくはすでに使用しているのでしょうね。

なのでステロイドの使用に関する私の意見等も今後は発信していきたいと思います。