投資信託・ETF

インデックス投資ナイトって参加する意味あるの?

今月の7月7日にインデックス投資ナイトが開催されました。去年は私もチケットをゲットするためにファミリーマートで待機したものの、結局とれなくて参加を断念しました。では今年はどうかというと、参加する気が失せたので今回は華麗にスルーです。

いつものメンツ

ほんと、見覚えのある方ばっかりです。

山崎元さんやカン・チュンドさん、竹川美奈子といったこれまでのファンドオブザイヤーや金融庁主催のイベントに参加されてたいつもの有識者の方たちが今回も参加されています。

またTwitterを見る限り、参加されている方も過去のイベントに参加したブロガーさんがちらほら。主催者のブロガーさんはともかく、過去のイベントをもう一度開催している印象をうけました。

このイベントにかぎらず、この手のイベントに参加される方はたいてい同じメンツです。

私はファンドオブザイヤーの表彰式、金融庁主催のイベント、証券会社のイベントに参加してきましたが、ほんと同じブロガーさんばかり頻繁に出会います。一番多いのは虫取り小僧さんと金融庁の今井さんかな。話したことないけど。

はじめて参加される方でしたらまあわかりますが、過去にこの手のイベントに参加された方は何が目的で参加しているのでしょうか?話題が結構過去イベントと被っている気がするのですが。今回のインデックス投資ナイトのプログラムは米国株と国際分散投資に関するところ以外は過去イベントとまるかぶりですよね?

無駄な議論

今回の議題で、米国株投資と国際分散投資はどちらが良いか?という話題がありましたが・・・

各個人の好きな方をやればいいんじゃないの?

これTwitterでも似たような議論がありますが、どっちにしても今後のパフォーマンスはどうなるかわからないですし、唯一無二の解答なんてないでしょう。インデックス派とアクティブ派(+個別株投資家)でそれぞれ自身の主張をしていますけど、だれでも納得する答えなんてありません。

こんなことやっても結論出ないと思うんですけどね。結局自己責任で選んでね!という話になるだけなんじゃ・・・そもそも話題にあげる必要あるの?

金融庁が参加する意図は?

つみたてNISAやiDeCoの啓蒙活動が目的で参加されているのであれば、そもそもこのイベントに参加する理由はないと思います。なんせいつも目にするメンツばかりですし、わざわざ参加費払ってきている人たちはほっといても制度を利用するでしょ。それとも何か別の目的があるのでしょうか?

手間をかけるのなら企業の関係者に直接アプローチし、従業員に対して説明会を開くとかのほうがまだ効果がありそうなのですが、どうして投信ブロガーばかりにこだわるのでしょう?彼らのブログ読者もまたほっといてもつみたて投資する方ばかりだと思うのですがね。

投資に興味のない層にアプローチしないと意味ないですよ。

手段と目的をはき違えている

本来この手のイベントに参加する目的は、自身の資産形成のヒントを得るためだとおもうのですが、もはやイベントを開催もしくは参加することそのものが目的になっている気がします。

ていうか単に飲み会を開きたいだけなんじゃないの?

参加するブロガーは単に記事のネタのためか、著名なブロガーと仲良くなって相互リンクとかでアクセス数を稼ぐことが目的なんじゃないかと思っています。

べつにそのこと自体は悪いことではありませんが、みんな似た記事を書くことになるし、継続してアクセスが見込めるとは思えませんね。独自の視点で記事をかけるのであれば別ですが。

コスパ悪すぎ

インデックス投資は市場平均に追従する以上、それ以上のリターンは期待できません。

そのためいくら商品選定したり、勉強をしても大幅にリターンが上昇するわけではありません。

であればインデックス投資関連のイベントに参加すればするほどコストパフォーマンスは悪くなりますよね?イベントに参加するのだって費用が発生しますし、なによりも貴重な休日の時間を消費しますから、このコストは無視できないと思います。

私の場合、参加するとイベント参加費、親睦会の会費と交通費をあわせてだいたい8000円くらいになりますね。このおかねでマイプロテインのBCAAが買えちゃいます。地方からきている方だともっとかかります。

信託報酬は気にするのに、こういうのは気にしないのはちょっとね。インデックス投資が趣味という人だったらよいのかもしれません。

まとめ

インデックス投資をやってみたいと考えているビギナーさんはためになるイベントかもしれませんが、すでにこの手のイベントに参加したことがある人や、積み立て投資を順調に実践できている人は参加しても意味ないと思います。

投資オフ会目的で著名人や有名ブロガーとお話したい方が参加するのであればOKでしょう。

私はもうこの手のイベントもといオフ会には参加しないと思います。正直意味を見出せなくなってきていますから。私は投資が趣味ではありませんし、ほかにやりたいことはたくさんありますから、可能な限り時間をかけずに資産形成したいですね。