アメコミコスプレ

自作スーパーマンコスプレ衣装の紹介 ーSuperman Costumeー

superman

私がアメコミのコスプレをこっそりやっていることをブログに書いたところ、「衣装を見てみたい」との要望がございましたので今回はスーパーマンの衣装をご紹介します。ブーツとボディスーツ以外は自作しております。

しかしまさかそんな要望が来るとは思いませんでした。

スーパーマンコスプレ

要望をうけて早速衣装を引っ張り出してきて写真をとりました。さすがに外では恥ずかしいので、家で撮影しています。しかし有料ギャラリープラグインを購入して本当に良かった。これをCSSやJqueryで自作するのはかなり骨が折れますから。

 

各パーツの紹介

Bodysuits

superman bodysuit

ボディスーツは以前ご紹介したZentai-zentai.comから購入したボディスーツにエンブレムを取り付けています。エンブレムはジャージ生地を使って製作しましたが、縁がぐにゃぐにゃしているので微妙な出来栄えです・・・

superman bodysuit

ボディスーツのようなニットの縫製は本当に難しいです。生地が伸びてしまうので、ミシン差動を調節するのが結構大変です。特に2種類のニットを重ねてロゴを制作するのはちょっと無理がありました。またボディスーツも生地さえあれば制作可能ですが、こちらも難易度が高めで自作するのはおすすめしません。そもそもロックミシンがないとできませんし。私は昔ロックミシンを持っていたので制作できましたが、すでに売り払ってしまったので次はさすがにつくらないかな。

Trunks

superman pants

初期のスーパーマンの特徴の一つといえる赤いパンツも自作しました。こちらは赤いジャージ生地を使ってブリーフの形を参考に制作。これも2針4糸のロックミシンがないと制作できません。縁処理はカバーステッチミシンがあるときれいですが、家庭用ミシンのジグザグでも代用可です。ベルトループは4つあります。これは生地を三つ折りにして直線ミシンで縫い合わせています。

Belt

superman belt

ベルトは塩化ビニル生地を折って接着剤で張り合わせています。バックル部分はDMM.makeでマスターモデルを作り、それを元にレジンで作成しました。留め具はマジックテープでもよいのですがパンツに張り付いてしまうため、レザークラフトなどで使う金属ボタンを取り付けました。正直めちゃくちゃ金がかかりました・・・

Cape

superman cape唯一自作してよかったのがこれ、直線ミシンだけでも作れます。ただし端処理はロックミシンがあったほうがきれいです。赤いギャバジンを縦に少し長い半楕円形に切り取って制作しました。オリジナルは半楕円ではなく150°くらいの扇型だと思いますが、布が多いほうが豪華に見えるのであえてこの形にしています。特に写真を見てもらえるとわかるのですが、マントがはためく様はかっこいいです。

裾は三つ折りにして手縫いでまつりぬいしています。面倒であればロック処理だけで良いかも。

単純な布切れではなく両肩に2か所ずつ折り目が付いております。オリジナルでもそうですが、こうするとマントのドレープが強調され後ろ姿がかっこよくなります。またこのマントはボディスーツに取り付けるのではなく、ストラップを両脇の下に通して背中で結んでいます。superman cape

superman cape

激しく動くと折り目が崩れてしまうので、裏側にカバーを取り付けて背中と折り目が接触しないようにしています。

superman cape

エンブレムは厚手のツイル生地に接着芯を取り付け、ジグザグミシンで刺繍しています。縁取りは巻きロックを使用。superman cape

マント丈はオリジナルの場合はふくらはぎのあたりまでの長さとなります。このマントは身長180㎝以上であればオリジナルと同じくらいになるのですが、私の身長だと少し長めです。自作する場合は好みで調節すると良いと思います。

Boots

superman boots superman boots superman bootsこちらはEbayの中国業者から購入しました。大体6千円くらいだったと思います。コスプレ用ブーツは国内でも入手できますが、体形に合わせて微調整してくれる点と、スーパーマンのブーツを特徴をとらえている点が良いです。本革のブーツも売られているのですが、値段が数万円するのでお勧めしません。

特に以下のようなV型の切込みが入っているのがスーパーマンブーツの特徴です。この特徴がないブーツもありますので写真をよく見て購入しましょう。ちなみに届くまで大体2、3週間かかります。

superman boots

まとめ

コストと作成難易度を考えるとマント以外は制作が少々難しいです。マントも縫製難易度は簡単ではないと思います。自作すると自分の体に合わせて制作でき、努力次第で豪華な仕上がりになりますが、かなりのマニアでない限り購入したほうが楽でしょう。

自作してみておおむね満足はしていますが、また作るかといわれると、マント以外はちょっと難しいですね。ちなみにマントは2着作ってみましたが、色違いのものも作ってみようかなと考えています。