アメコミコスプレ

スーパーマンスーツのおすすめ入手方法(再現度重視の方向け)

superman

引き続きスーパーマンのコスプレグッズの入手方法を書いていきます。今回は高額ですが再現度の高い衣装の入手方法を書いていきます。英語でのやり取りとPaypalは必須です。

クリエイターの直販サイト

衣装のクリエイターの多くは自信の直販サイトを持っており、ここから直接購入できます。Ebayにも同じ衣装が出品されているケースが多いのですが、直販サイトしか出品されていないものもあるので、直販サイトをチェックすることをおすすめします。

ここで入手できる衣装はほぼ映画やドラマ、ゲームのキャラクター衣装を忠実に再現しており、前回の記事で紹介した衣装よりも品質がめちゃくちゃ良いです。ほとんどの方は満足できるかと思います。

https://esuke777.info/2018/05/20/get_the_superman_suit_low_price/

ただし値段はかなり張ります。安いものでも10万円、高いと20~30万円します。こちらも注文後に制作するので時間がかかります。早いもので1か月、遅いと3,4かげつかかる場合もあるので、イベントで着たいのであれば少なくとも半年以上前に注文したほうが良いと思います。

比較的リクエストの応じてもらえるので、自作が難しいパーツだけ購入し、それ以外は低価格の製品と併用するのも良いと思います。

ここでは有名なサイトを紹介します。

ActionCostume

action cosatumes

ActionCosutumeはアルゼンチンの衣装クリエイターです。スーパーマン以外の衣装もありますが、事実上スーパーマン衣装の専門サイトです。最近のマンオブスティール版は取り扱っておらずクリストファーリーブ版やディーン・ケイン版の衣装がメインとなっております。

こちらの衣装は映画版のレプリカを採寸して制作されているので非常に再現度が高いです。また衣装の一部のみを購入することも問い合わせれば可能です。私はマントのみを注文したことがありますが、裾部分がすべて手縫いでまつりぬいされており、丁寧に作られている印象を持ちました。

グレードは3段階あります。

「Ready to ship」はいわゆる既製品のことなのですが、サイズが合わない場合は微調整してもらえます。MediumとLargeがありますが、後者は身長190cm前後となっているためほとんどの方はMedium一択でしょう。170㎝未満の人はMediumでも小さい可能性があるため事前に問い合わせたほうが良いでしょう。

「Silver Edition」と「Golden Editon」はカスタムメイドであり「Redy to ship」よりも材質や縫製が良くなっています。80年代モデルの違いを表にまとめるとたぶんこんな感じ。

項目 Ready to ship Silver Golden
タイツ(チュニック)素材 スパンデックス

(上下セパレート)

スパンデックス

(上下セパレート)

ティール

ファブリック

(上下セパレート)

タイツオプション なし 袖と袖口の改良 マント押さえ(4つ)
パンツ 上半身タイツに

取り付け

上半身タイツに

取り付け

上半身タイツに

取り付け

胸エンブレム 熱圧着で取り付け スパンデックスパーツを縫い合わせて制作 ティールファブリックパーツを縫い合わせて制作
マント素材 ギャバジン ギャバジン ギャバジン
マントエンブレム

の縁取り

プリント 刺繍(手縫いを併用) 刺繍(手縫いを併用)
ベルト ビニル つやありビニル つやありビニル
価格(USD) 499,99 999,99 2999,99

 

当然Goldenのほうが高品質なのですが、私は購入するのであればSilver一択だと思います。

まずReady to shipはエンブレムを熱圧着している点がよろしくないです。スパンデックスは良く伸びる生地ですがエンブレムは伸びません。そのためエンブレムが伸びに耐えきれずにはがれてしまう恐れがあります。また縁取りがプリントだと少々安っぽく見えます。

Goldenはポリウレタン生地を使用していないため耐久性は高いです。また正しく装着しやすくし背中のマント位置を適切に保つ工夫がされている点も便利だと思います。

しかしコストパフォーマンスが悪すぎます。見た目はSilverとそこまで変わりませんし、マント押さえ具も別になくても問題ありません。これだけで2000USDも高くなるのはちょっとね・・・実際マント押さえがない状態で着用したところ、激しく動くと多少はずれますがストラップでしっかり結べばそこまで気になりませんでした。

しかも全グレード共通でブーツが付属しません。ブーツは別途購入できますが、一番安いモデルでも300USDかかります。精巧なレプリカで天然革でできているためこの価格は妥当ですが、Ebayでコスプレ用のブーツを買ったほうが安上がりだと思います。

ちなみにyoutubeに実際に着用している動画があります。

 

custom-costume.net

この界隈でおそらくもっとも有名なクリエイターです。様々な衣装の制作を請け負っており、海外のコスプレイヤーの多くがここの衣装を利用しています。インスタグラムでも着用している画像をよく見かけます。Ebayの中古品もたいていはここで制作されたものです。

スーパーマンリターンズ版やマンオブスティール版の精巧なレプリカを入手できる数少ないクリエイターの1つです。とくに前者はここ以外では見たことがありません。

こちらも受注してから制作するので多少の時間が掛かります。また値段は直接問い合わせないと教えてもらえないので、注意しましょう。

値段も結構はると思います。中古品でも8万から10万円近くしていましたから。ですが購入してがっかりするということはないと思います。実際の着用例はこちら。Justinさんはボディビルダーをやられているそうで、スーパーマンのコスプレ写真をたくさんアップしています。

 

私はまだ購入したことがありませんが、いずれは購入してみたいです。価格表はできれば公開してほしいのですが。

JEFX

Jason Evansさんが制作されているマンオブスティール版スーツはとてもかっこいいです。YoutubeやInstagramにはかっこいい衣装がアップされています。

 

公式サイトから彼が制作した衣装を購入することができます。ですが現在はマントしか販売されていません。以前はたしか販売していたはずなのですが・・・問い合わせればフルスーツを作ってくれるかもしれません。マンオブスティール版のスーツ限定ですが、検討の余地ありです。

Esty

Estyはハンドメイド品のフリマサイトです。日本語のローカライズされているのでわかりやすいです。様々なキャラクターの衣装が出品されていますが、スーパーマン関連はマントとベルトくらいです。あとはスパンデックス生地に印刷するパターン(大抵の場合PSDファイルで配布)があります。

最近出品数が減少しており、おそらくEbayのほうがお探しの衣装が見つかると思います。Ebayにはない衣装やアクセサリー類もあるので2つを併用すると良いでしょう。