アメコミコスプレ

アメコミのコスプレ衣装の入手方法

本業がやっと落ち着いてきたのでブログを点検していたところ、プロフィールにアメコミのコスプレをしていたと書いていたことに気が付きました。そういればこれに関してはブログに書いたことがなかったので、今回はアメコミのコスプレ衣装の入手方法についてです。

コスプレ歴

実はイベントでコスプレしたことはほとんどないんです。

もともとアメコミにはまっていてちょうど市民マラソンに参加するときにネタとして着てみようを思ったのが最初だったのですが、体調を崩してしまい辞退しました。

また日本でコミコンが開催されると聞いたのでコスプレ衣装の出番だと思ったのですが、この時は急遽休日出勤が入ってしまったので断念しました。唯一参加したイベントは近所のお祭りくらいですね。短時間の参加でしたけど。

それ以来衣装はあるものの着ることはなくクローゼットにしまったままです。でも衣装にかけた費用は総額で20万を超えており、さすがにもったいないのでいつかはイベントで着てみたいです。

持っている衣装はスーパーマンとバットマン(映画版ダークナイト)です。どちらも映画版の衣装を可能な限り再現しているもので、パーティーグッツよりはずっと高品質のものとなっております。

入手方法

パーティーグッツであればネット通販で入手可能です。例えばルービーズジャパンではライセンスのあるコスプレ衣装が販売されており、こちらは楽天で購入できます。そこまで映画版の衣装の再現度は高くありませんが安価です。

実際の俳優が着用したスーツを再現した衣装は通常の店では売っていません。個人が利用可能な方法は以下の通りです。

  • 自作
  • 国内のオークションサイト(ヤフオク)
  • 海外のオークションサイト(Ebay)
  • クリエイターに直接依頼
  • その他の販売業者

自作

もっとも安上がりの方法だと思われるかもしれませんがまったくそんなことはなく、そもそも自作はまず素人では不可能です。スチレンボード等で鎧や武器を作成することはできますが、慣れていない人では難しいですし時間もかかります。複雑な構造物はまず無理です。それ以外だとシリコンで型をつくり樹脂を流し込んで作成する方法もありますが、依頼するよりも確実に高くつきます。

布のみで作成できる場合でしたら制作難易度はぐっと下がりますが、型紙を作成するところから始めなければならない上に、通常の衣服よりも制作難易度が高いです。それなりの品質を要求するのであればロックミシンは必須です。

ちなみに私は試しにスーパーマンのマントを自作してみたことはあります。こちらは工程はおおいものの通常のミシンだけで製作可能なのでこちらでしたら自作する価値はあるかもしれません。制作方法も気が向いたらアップするかも。

国内のオークションサイト

実はアメコミのコスプレ衣装に興味を持っている人は結構います。そのため量は多くありませんが国内オークションで取引されています。

ほとんどがヤフオクで売買されており、メルカリなどのフリマアプリではまず売っていません。売られているのはスパイダーマン、バットマン、スーパーマン、アイアンマンなどです。

一番流通しているのはスパイダーマンで、精巧なスパイダーマンのレプリカだと安いもので6から8万円程度で購入することができます。逆にそれ以外のヒーローはかなり高額になる上に流通量がとても少なく入手困難です。

欠点はこれらのスーツが輸入品のため、自前で個人輸入するよりも割高になる点と流通量が少なく好みの商品を入手できない可能性がある点です。スパイダーマン以外の衣装を探している場合は別の方法が良いでしょう。

海外のオークションサイト

流通量がおおく中古品が入手可能なため、予算内で原作に忠実な衣装を入手しやすいです。一番利用頻度の多い方法だといえます。衣装クリエイターが直接出品しているものもあるので、安心の高品質です。

欠点は日本人の平均身長に合う衣装が少ないこと、英語でのやりとりが必須なこと、Paypalの利用が必須なことなどでしょうか。ハードルは高いですが、より精巧な衣装が欲しいのであれば避けては通れないでしょう。ちなみにカナダは日本への送料がバカ高いので避けたほうが良いです。アメリカ、欧州、オーストラリアが無難です。

クリエイターに直接依頼

アメリカではアメコミのコスプレ衣装の需要が日本よりもあるため、コスプレ衣装を手掛けるクリエイターが活動しています。こちらであればほぼ確実に自分の希望に沿った衣装を入手することができます。またオリジナルの衣装の制作依頼も可能なので、一番仕上がりに満足できるはずです。

欠点は海外のオークションサイトとほぼ同様です。ほとんどがオーダーメイドなので制作に1か月以上かかります。また大幅に遅延する可能性もあるので注意が必要です。

その他の販売業者

UDreplicasではアメコミヒーローを模したバイクスーツを購入することができます。おそらく千葉ットマンが着ているのはこれではないでしょうか。バイクスーツなので丈夫であり実用性があるのですが、原作に忠実に再現しているわけではありません。いままでは一部の国のみの販売でしたが、日本でも購入できるようになったようです。ダークナイトのベルトやグローブなどが欲しい場合はこちらのほうが良いかもしれません。