コンプレッションウェア

ミズノ ブレスサーモ バイオギア ハイネック長袖シャツ の評価

コンプレッションウェアレビューです。今回はミズノのバイオギアをレビューします。

ブレスサーモ バイオギア 長袖コンプレッション

ミズノのコンプレッションウェアのブランドである「バイオギア」シリーズの秋冬用モデルです。この商品の特徴は発熱繊維である「ブレスサーモ」を使用している点です。

ブレスサーモは水分を吸収すると熱を発する特殊な吸湿発熱繊維で、発熱機能だけでなく、におい防止機能や汗冷え防止機能なども兼ね備えています。吸湿発熱繊維でできたコンプレッションウェアですが、実はミズノの専売特許というわけではなく、アルペングループのブランドである「Tigra」やAmazonなどで売られている低価格コンプレッションウェアでも同機能を備えているものがあります。ただブレスサーモのほうがおそらく多機能でしょうし、ミズノブランドの信頼性もありますから機能面ではこちらのほうが優れていると推測します。

これまでのところ冬用のコンプレッションウェアはアンダーアーマーのコールドギアを除けば私が満足する商品に出会えていません。どうしても保温性を高めるとコンプレッション性能が落ちてしまうものが多いです。ミズノはどうでしょうか?

私はミズノブランドは好きなので期待していたのですが、商品のパッケージに気になる文章が。

この製品は極細の繊維を使用しています。着脱時に強く引っ張ると破れる恐れが有りますのでご注意ください。

これって要は繊維に伸縮耐性がかけているってことですよね?

着てみた

IMG_3628_compressed.jpg

 

早速着てみました。うーんやっぱり伸縮性があまり良くありません。伸縮性のあるポリウレタンは5%含まれていますから、全く伸縮性がないというわけでないのですが、フィット感は今ひとつです。アンダーアーマーのコンプレッションウェアとフィテッドウェアの中間くらいの着心地でしょうか。裏起毛は一般的なものよりも厚い気がします。今回購入したのはホワイトですがそこそこ厚めの生地のため、透け感はほとんどありません。

注意書きのとおり、繊維は明らかに細いです。激しい運動で破ける可能性もあると思います。ただアンダーアーマーなどのコンプレッションウェアと比較してそこまで体に合わせて伸縮はしないので、よほどのことがない限りはワンシーズンは持つと思います。

ブレスサーモ繊維は6%含まれており、確かに暖かいです。天気の良い日であれば重ね着しなくてもこれ一枚でもよさそうです。ただし風を通してしまうので、外での使用の場合はウィンドブレーカー等の防寒具は必須です。

総評

フィット感や着圧に関してはアンダーアーマーのコールドギアのほうが優れており、これらを重視する人には本製品はおすすめできません。逆に防寒性能は類似品よりはそこそこ良いと思いますので、防寒性能重視の方でしたら買って損はないと思います。

ブレスサーモは繊維の特性上コンプレッションウェアには向かないので、ブレスサーモを使いたいのなら通常の下着やアウターを選択したほうが良いと思います。