某FXコミュニティの内情を暴露!!その27

広告

 

某FXコミュニティの内情の27回目です。はじめてご覧になる方はその1をご覧になってください。

今回は今後の方針についてご報告します。重大な報告がありますので是非ご覧ください。

 

削除依頼

一部の方はご存知だと思いますが、ついに某FXコミュニティに関連する記事に対して削除依頼が来ました。もちろん依頼者はコミュニティ運営者です。

依頼内容の詳細はここでは述べませんが、要約すると「名誉棄損、営業妨害、事実無根のため、削除しろ」とのことです。

依頼自体は去年の12月に着ていたのですが、問い合わせフォームの送信先を間違えていたため、気づいたのは今年に入ってからです。

削除依頼を受け、私は一部の番外記事を削除し、固有名称はすべて特定できないように書き換えました。

削除しません

ですが、一連の記事そのものを削除するつもりはまったくありません。そもそも削除理由に納得いきませんしね。これで名誉棄損ならアマゾンのマイナス評価を付けた人全員訴えられますよね?自分の気に食わない意見はすべて名誉棄損とするのは明らかにおかしいです。

私はコミュニティの手法を公開していませんし、コミュニティに入会しようか迷っている人に対して有益な情報を提供したつもりです。コミュミティに対して悪意をもってこんな記事書いていません。もっともこういうことは本来なら運営側が提供するべきことだと思いますが。

私は最初の記事でコミュティは詐欺ではないと断言しています。詐欺だったら記事を書く前に通報しています。ただコミュニティの趣旨と入会者の思惑がミスマッチしていると感じていたので、記事を書いた次第です。

以前私に「こんな記事かいて何になるの?」とメッセージを送ってきた方、上記が答えです。コメント欄をみればそれなりに支持されているのがわかるでしょう。

事実と反するかどうかはブログを見ていただいている方でしたらわかると思います。このブログはコミュニティに入会した人もみているので、違うのなら指摘されると思いますが。

一応対応をしておきますが、今後メッセージ送ってきても無駄ですよ。独自ドメインで運用していてよかったです。2chやはてなブログでやっていたら消されていたかも。ただし粘着されても困るのでコミュティを特定できる情報は極力掲載しない方針です。

コメントされる方は、某FXコミュニティに関する固有名称(ブローカー名も含む)を記載しないようお願い申し上げます。また場合によってはこちらでコメントを修正または削除することもございますので、ご了承ください。

広がる影響

このブログはいつの間にか某FXコミュミティの情報サイトと化しており、yahoo知恵袋等にリンクされるようになりました。思っていたよりも影響が広がっているようです。コミュニティは入会者を増やすことで成り立つビジネスなので、良くない噂が広がるのはまずいのでしょうね。

特に入会金を公開したことが大きいと思います。非公開なら入会を迷っている人は説明を聞くためにかならず電話で連絡を取らなければなりません。そして一部の人は口車にのせられて入会してしまうでしょう。

ですが金額が明らかになってしまったためにこのプロセスは崩壊してしまいました。この入会金だけで電話連絡せずに諦めてしまう人が続出するとおもいます。ですがここであきらめてしまう人は入会しないほうが良い人なのでまったく問題ありません。運営側は困るでしょうけど。

何度も言いますがこのコミュニティはトレーダーになる覚悟がある人以外は向きません。そして適性のある人はごく少数です。ご自身が本当に入会する資格があるのかよく考えてほしいです。

 

今後の方針

コミュニティに関する考察はひと段落なので、今後は自動売買に関する報告がメインになると思います。コミュティ側で何等かの動きがあれば記事にしますが、おそらく去年よりは更新頻度が減るはずです。また私自身でコミュニティの手法による裁量トレードは行いません。そんな時間ありませんし。

去年は稀にみる低ボラティリティであり、トレンドフォロー型のロジックでは本当につらい年でした。そしてコミュティの自動売買もその例外ではなかったようです。今年はさすがに去年よりは値動きがあると思いますので、今年は名誉挽回の好成績を残してくれることを期待します。

今後は「FXコミュミティを挫折してしまった人はどうすればよいのか?」というテーマで活動していきたいです。私自身コミュニティを挫折していますし、別の道を模索している最中です。

FXに関してはループイフダンを候補に考えています。短期間で大儲けは難しいですが、資金管理さえ気を付ければそこそこ良い結果が出せるのではと妄想しています。

私の臥薪嘗胆はまだつづきます。今後もよろしくお願いいたします。