某FXコミュニティの内情を暴露!!その16

2018年1月16日

広告

 

某FXコミュニティの内情の16回目です。はじめてご覧になる方はその1をご覧になってください。自動売買口座の開設のために講師と連絡を取ったのですが、予想外?の事実を知ることとなりました。今回はその件について報告します。

 

講師との連絡

さっさと口座開設リンクをチャットで教えればよいものを、わざわざ電話でやり取りさせるやり方は、このコミュニティの特徴といえます。しかも大抵の場合、その時のやり取りに関する覚書のような書面は一切ありません。今回の場合、口座開設には運用委託同意書の提出が義務付けられているのでそれを読めば、手数料くらいの情報は書面で入手できますので、まだましなほうでしょう。

わざわざ電話してくるということですから、おそらく何か別の金融商品の勧誘とか、それに近いなにかを持ちかけられるのではないかと予想していました。

まあ大当たりでしたけどね。

でもさすがにFXコニュニティとは別団体の案件を紹介されるとは思いませんでした。

というのも実は私の紹介者である講師はもうコニュニティを脱退しており、今は別の会員制クラブ?にいるようなのです。以前はyoutubeやLINE上でコニュニティの勧誘を行っていたはずなのですが、いつのまにかそのサイトはなくなっていましたから、おそらく本当なのでしょう。

その会員制クラブは3○○○(○はすべて同じアルファベット)という名前で、裁量トレードだけでなく自動売買も提供しているようです。ここも料金等は公にしない秘密主義ですね。

こちらはコミュニティの自動売買について問い合わせているのですから、講師が部外者である時点でもう用はないのですが・・・せっかくなので話は聞きましたよ。そして話を聞いたうえでその場でお断りしました!

明らかになった事実

というわけでその時の話の内容の一部を公開しちゃいます。べらべらしゃべっちゃうのはまずいのかもしれませんが、どうせ口約束しかしてませんし関係ありません。そもそも大した内容ではないですし本当かどうかも疑わしいですからね。

運営側の主要メンバーはFXをしていない

これは講師の方が脱退した理由なのですが、FXコニュニティなのにもかかわらず、運営側の主要メンバーはFXをしていないそうです。具体的には代表である〇〇さんと、昔のメンバーである〇〇さんがそれに該当します。さすがに〇野さんはしていると思いますが・・・

でもこれコニュニティのメンバーでしたら全然驚きませんよね?だって〇田さんはもうFXというよりもモデルの真似事ばかりしてますし、彼の口からFXの技術的な話を少なくとも私は聞いたことがありません。勉強会で実際に指導している〇〇さんとは対照的です。2人とも代表なのに。

〇さんとは直接面識はありませんが、いまはアプリ開発のベンチャー?にいるようでFXとはぜんぜん違うことをされているようです。

またコミュニティの裁量トレードノウハウも、コミュニティ設立メンバーが一から研究したものではなく、よそから導入したものだそうです。多少のアレンジはあるのかもしれませんが。

講師の方はこのような事実に対してあまり良い印象を持ってはいないようですが、胡散臭いですね。そんなの一講師からすればどうでもいい話ですし、講師をやめる理由としては違和感があります。それにノウハウをよそから買ってきていることはべつに悪いことではありません。要は商品を仕入れて客に売っているのと同じでしょ?メンバーからすればちゃんと稼げるトレードスキルを教えてくれればそれでよいです。

おそらくコニュニティの負の側面を強調して別の案件を紹介し、顧客を奪う腹積もりなのでしょう。「江助さんにこんなコニュニティを紹介してしまったことに責任を感じています。」とか言ってましたけど、ばれてますよ。

講師とコミュニティ代表との格差

元講師の方がコミュニティをやめた最大な理由はおそらくこれでしょう。元講師はコミュニティの設立時のメンバーではなく、コミュニティで実践を積んで運営側からスカウトされたことがきっかけで講師をはじめたそうです。そのとき代表クラスと一講師の間には圧倒的な待遇面の格差があることを知ったそうです。

そりゃそうですよね。講師はLINEでのサポートや相場分析資料の作成、勉強会の準備など、それなりに仕事が多いです。普通の会社員と何ら変わりません。

それに対し代表は、FXをぜんぜんしていませんし、モデルの真似事や豪華な生活のアピールに夢中です。〇〇さんは最近海外移住しましたのでもはやセミリタイヤ状態です。最近はLINEでの発言もかなり減っています。それでも末端の講師よりははるかに稼いでいるのでしょう。

FXはだれでも努力次第で資産を築くことができるとはいうものの、運営側の内部ではこんなに格差があるのです。これは経営者と従業員の関係と何ら変わりありません。

この状況を打開するには自分で別の案件を立ち上げるか、独立するしかありません。先ほどの会員制クラブ3○○○の代表者は某FXコニュニティ出身者なのかはわかりませんが、運営側には某FXコニュニティ出身者が紛れ込んでいることは確定でしょう。

つまり今後FXクラブやコニュニティが誕生しても、中の人はみんな同じである可能性が高いということです。ただでさえ怪しさ満点なのに複数のコミュニティに入会するなんで金をどぶに捨てる行為であることは肝に銘じてほしいです。

会員制クラブ3〇〇〇の費用

会員制クラブ3〇〇〇なのですが、こちらも自動売買システムを2つ利用することができます。証拠金は10万円からですが、安定性を考えると20万円以上を推奨です。どちらも年利200%を超えているとか。う、うそくさい・・・

気になる費用ですが、入会金20万円、月会費1万円だそうです。高すぎるよ!!

ただし今回は元講師の紹介ということで入会金は免除されるとの話でした。コミュニティに勧誘してしまったことに責任を感じており、これくらいのことはしないといけないとのことですが、なにいっているのでしょうかかねこの人は。

月会費1万ってあきらかに今のコミュニティよりも割高ですし、責任を感じているのであれば少なくとも1年間の月会費を無料にしてもらわないと割に合いません。元講師の勧誘で入会したコミュニティの入会費は35万なので、会員制クラブの入会金を無料にしてもらったとしてもまだ15万くらい余計に支払っているのです。まだ金をとろうとするのでしょうか?

どうせなかの人も同じメンツなのでしょうから自動売買システムも似たり寄ったりでしょう。それだったら完全無料で利用できるコミュニティの自動売買システムを利用します。

その後の話

結局3〇〇〇の話はその場でお断りして、後日運営側から口座開設リンクを教えてもらいました。普通にチャットで教えてもらいました。だったらわざわざ紹介者経由にするなよ・・・

無駄な時間を使ってしまいましたが、早ければ今週中、おそくとも来週中に自動売買システムを稼働させていきたいです。

 

他の取り組み