サプリメント

高たんぱく食の徹底レビュー (Impact ホエイプロテイン)

現在私は肉体改造を目標に定期的に筋トレを実施しています。筋肉増強のためにはたんぱく質のこまめな摂取が必要ということで、今回は今話題のプロテインを購入し評価してみたいと思います。

 

今回購入した商品

今回はコストパフォーマンスが高いと評判の高いマイプロテインとアルプロンのホエイプロテインを購入しました。

アルプロン ホエイプロテイン

アルプロンホエイプロテイン

アルプロンは日本のサプリメント会社で、遺伝子解析事業やパーソナルトレーナー独立開業支援事業も手掛けているようです。

http://alpron.co.jp/

ホエイプロテインは主力商品でして、特徴は大手のザバスやウィダーよりも安いこと。1kgで2896円(290円/100g),3kgで7499円(250円/100g)で購入できます。大手よりも大体1000円以上安いです。公式ショップだと割安で購入できるようです。

http://top-athlete.jp/

同社のホエイプロテインには、ホエイプロテインと甘味料と香料しかはいっていません。大手と違って栄養成分が配合されていないので、もしビタミン等も摂取したい方は他のサプリメントや食事で補う必要があります。ただBCAAやグルタミンといった他のサプリメントもアルプロンで入手可能です。

広告もほとんど出していないので知名度は低いですが、ドン・キホーテでは普通に置いてあります。

 

マイプロテイン Impact ホエイプロテイン

マイプロテインホエイプロテイン

マイプロテインはイギリスのサプリメント会社で、プロテインだけでなくシリアルや高タンパクのデザートやスポーツアパレル等も取り扱っています。海外の会社ですが、標準で日本語対応しており、7500円以上購入すれば送料が無料になります。

また頻繁に割引キャンペーンを実施しており、いつでもなんらかのキャンペーンに参加することができます。今回はいちごフレーバーの商品が30%オフでした。キャンペーンをしっかり確認すれば、いつ購入しても割引が受けられると思います。

今回購入したImpact ホエイプロテインの特徴はとにかくフレーバーが多いことです。50種類以上のフレーバーがあり、新商品もときどき発表されるようです。アルプロンと同様プロテイン以外の栄養素を摂取したい場合は、別の食品やサプリメントを併用する必要があります。

今回購入したフレーバーはナチュラルストロベリーで、5kgのものです。価格は7695円(割引後)だったので、なんと154円/100gとなります!アルプロンよりもさらに安い。

 

海外ということもあり、入手するのに時間が掛かります。私の場合は大体10日くらいかかりました。梱包が雑という感想もあるようですが、私の場合は梱包について特に気になる点はありませんでした。緩衝材もしっかり入っていましたし。

 

成分比較

製品100gあたりの栄養素など アルプロン マイプロテイン
エネルギー 384kcal 391kcal
脂質 6g 7.1g
炭水化物 5.7g 7.3g
食物繊維 0g 0.8g
たんぱく質 80.5g 73g
食塩 0g 0.25g

アルプロンの原材料

  • 乳性タンパク濃縮物
  • 香料
  • 甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物)

 

マイプロテインの原材料

  • 乳性タンパク濃縮物
  • 天然フレーバー
  • 着色料(ビートレッド)
  • 甘味料(スクラロース)
  • 乳化剤 (大豆レシチン)

 

違いは着色料と乳化剤の有無くらいでほとんど同じです。マイプロテインのほうがたんぱく質含有量が少ないですが、ナチュラル味であればたんぱく質含有量は82gくらいになります。

 

外観

アルプロンホエイプロテインマイプロテインホエイプロテイン

上:アルプロン 下:マイプロテイン

マイプロテインのほうが当然赤っぽい色をしています。それ以外はほとんど同じ。

 

水をいれて良くシェイクしてみました。

アルプロンホエイプロテインマイプロテインホエイプロテイン

上:アルプロン 下:マイプロテイン

シェイカー付属のブレンダーボールを使用しなくても、どちらもだまになりませんでした。マイプロテインのほうが泡立ちは少ない気がします。乳化剤のおかげなのでしょうか。

マイプロテインのほうが風味が良いと思います。マイプロテインのほうがおいしいと感じる人は多そうです。アルプロンはマイプロテインと比較してストロベリーの匂いがするだけでちょっと不自然な印象を受けましたが、まずいわけではないのでぐびぐび飲めると思います。

甘いのが苦手な人はアルプロンのほうが良いかもしれません。

 

まとめ

入手に時間が掛かっても構わない方で、コストパフォーマンスを最も重視する人はマイプロテインのほうが良いと思います。

マイプロテインは基本的に16666円以上の商品購入の場合は、日本において関税の対象となります。送料無料の条件も考慮すると、7500円から16666円の範囲に収まるように注文すれば大丈夫でしょう。

できるだけ早く入手したい方や甘いものが苦手な方、あるいは添加物は極力少ないほうが良い方はアルプロンのほうが良いでしょう。