某FXコミュニティの内情を暴露!!その10

2018年1月16日

広告

某FXコミュニティの内情の10回目です。はじめてご覧になる方はその1をご覧になってください。先週の土曜日に某FXコミュニティの勉強会が行われたので、参加してきました。今回はその概要をお伝えします。

某FXコニュニティの勉強会とは

某FXコニュニティではLINEでのサポートのほかに、定期的に勉強会を開催しています。小規模の勉強会が月に何回か行われていますが、年に2回大規模な勉強会を開催しています。講師のブログ等で講師とメンバーの集合写真が掲載されていることがありますが、それは後者のイベントで撮影されたものです。私が参加したのは後者の大規模の勉強会で、もちろん写真撮影もしました。

ちなみに写真撮影の参加は任意です。

 

今回は六本木で開催されました。参加費は3000円で、勉強会の後に開催される懇親会は5000円かかります。私は予算オーバーだったので勉強会のみの参加です。

会場と参加者について

会場は400人くらいはは入れるところだったのですが、来場された方は200名くらいだと思います。今回はLINEのバグのせいで急遽別サービスを用いて参加者の集計を行っていたようですが、集計ミスがあったようです。この後の懇親会の参加者数もおそらく集計をミスっているのでしょう。そのせいか○野さんが追加での懇親会の参加を募っていました。まあ私は断りましたが。

参加者は40代くらいが一番多い印象でした。びっくりしたのはどう見ても還暦越えの人がいたことです。その歳でFXやる必要あるのでしょうか?私の両親が老後の資金のためにFXやるといいだしたら絶対やめさせるのですがね。あとは地方から来られている人がちらほらいることも意外でしたね。男女比もほぼ同数くらいだったと思います。

私の近くに座っていた方は介護の仕事をしていて仕事が終わったらすぐにこの会場に来たとおっしゃっていました。

勉強会の内容

勉強会の内容ですが、トレード手法のおさらいをした後、環境認識、プロスペクト理論、投資全般についての講義をおこないました。最後に投資全般に関する知識と自動売買に関するお知らせがアナウンスされました。

内容の詳細はトレード手法に関することのためブログでは書けないのですが、代わりに講義を受けた感想を述べたいと思います。

まず講師陣はトーク慣れしていますね。まじめな話だけでなく冗談もまじえて場を盛り上げるテクニックにたけている印象を受けました。

一方○田さんは正直言ってトークがめちゃくちゃ下手だとおもいます。説明する段取りがさだまっていない感じがします。この方はインスタグラムを見てもらえるとわかるのですが、セルフブランディングに没頭していますからまあ仕方がないのかも。インスタグラムをみてモデルだと勘違いする人がいてもおかしくはないですよね。司会は○野さんだったのですが、○田さんが司会やればいいのに。

トレード手法のおさらいの説明がわかりやすかったです。これは隣の人も同じことをいっていたのですが・・・正直これを公式の教材にしてほしいです。

プロスペクト理論は市販の書籍と大して変わらない内容だと思います。

環境認識がおそらく一番難しい講義でした。今の相場環境を分析することと、値動きの原因となる市場参加者の思考や感情を読み取る技術についてなのですが、勉強不足を痛感した人が多かったのではないでしょう。

投資全般に関することについては、単純に投資先の分類といった初歩的なものでした。投信のような人に運用を頼む場合と株やFXにような自分で運用する場合についての話で、FXだけでなく投資全般の経験が浅い人向けの内容です。

自動売買についてですが、以前記事にした内容と大して変わりません。やはりEAかMAM口座が提供されるようです。

 

まとめ

定期的に勉強会に参加されているひとは、わざわざ参加する必要はないと思います。ただ入会して間もない方で、よくわからないことがある人は参加するメリットはあるでしょう。