某FXコミュニティの内情を暴露!! その5

2018年1月16日FX

某FXコミュニティの内情の5回目です。はじめてご覧になる方はその1をご覧になってください。今回は前回お伝えした通りコミュニティで勧誘があった金融商品についてお伝えします。

 

 

低リスクな積み立て型金融商品

 

ハイリスクなFXで資産を大きく増やそうといっている割に勧められたのは、毎月定額を積み立てる金融商品でした。

勧めてきた方の話によると、FXのような「攻めの運用」だけでなく、「守りの運用」も必要だとのことでした。

積み立て金額は最低2万円からで、毎月積み立てる商品のようです。ただ投資先については案内に書かれていませんでした。

そしてこの商品もやはり契約書等の書面はなく、申し込みはLINE電話のみでした。

私は当初2万くらいであればと思い、一度申し込んだことがあるのですが、ただでさえ入会金で多額のお金を払ったのにさらに投資するのはちょっと・・・と思い結局お断りしました。

結局投資先は何なのかはわかりませんでした。個人的には、FXが一押しのような印象を感じていましたので、低リスク商品を勧めてくるのは意外だと思いました。今考えると低リスク商品を信用の乏しいハイリスクな売り手から買うのはちょっと矛盾していると思います。ぜんぜんリスクヘッジになってないですよね。なのでやっぱり断って正解だったのでしょう。

MAM口座

もう一つの金融商品はMAM口座です。MAM口座とは(Multi Account Manager)口座のことで資金を自分の口座に置いたままで、アカウントマネージャーから売買シグナルのみを受信して運用する口座のことです。

いわゆるシステムトレードの一種ですね。資金を運用者に預けるわけではないので、比較的安全であることと、小額からプロに運用を依頼することができることが長所です。また運用者が裁量トレードをすることもできる点も長所かもしれません(あくまで優秀な運用者の場合)。ただ近年国内ではEAやリピート系注文のような自動、半自動売買の選択肢が多いのであえてこれを選択する理由はないのですが。

また手数料はたいていの場合成功報酬制で、利益の一部を支払う仕組みになっています。つまり儲からなければ運用者に全く利益が入って来ないので、運用者が運用を怠けるリスクが少なくなっています。

このMAM口座の窓口だったのが、前回お話しした元コミュニティ代表者の○○さんでした。

私はMAM口座に申し込むため、○○にLINE電話をかけました。彼の話によると、MAM口座の詳細は以下の通りでした。

  • 口座は3種類あり、最低入金額は50万円、口座によっては100万円必要
  • 過去十年の月利は成功報酬を除くと5%程度
  • 成功報酬は月の利益の60%
  • 取引手法はデイトレード
  • 海外FX業者に別途口座開設が必要であり、契約書をオンラインで提出する必要がある。
  • 長期で運用することを推奨する

○○さんとせっかく話をするのでもっといろいろ話をしようかと思っていたのですが、忙しいようで商品に説明と申し込み方法をLINEで受け取り方法の教えていただいただけで話は終わりました。残念。やたら背後がしゃべり声でうるさかったので、できれば静かな場所で電話してほしかったです。まあごく普通の方でした。

それにしても成功報酬が月の利益の60%というのは高すぎです。そんなに運用に自信があるのでしょうか?これだとEAよりもはるかに割高です。類似商品としてTTCMInvestmentの「Cubo」があるのですが、入金額が一番少ないプランですと30%HWMで、○○さんの口座よりずっと安いです。ちなみにHWMの意味はこちらのサイトが詳しいです。

まあ結局入金したのですがね・・・前記の商品は断念したのに私ちょっとおかしいのかな?

わたしが申し込んだのは一番入金額が安い口座で、約半年くらい前から50万から運用をスタートしました。正確には入金ボーナスで10%上乗せされたので55万円です。

で運用実績なんですが、今確認したところ506858円でした。一時期48万程度まで落ち込みましたが、すこし持ち直したようです。入金ボーナス込で考えると現在約8%ほどマイナスです。一応元本割れはしていないようですが。

今年はどの自動売買も不調で大きなドローダウンをおこしているものも多かったようなので、これだけドローダウンを抑えられていることから比較的安全な口座なのかもしれません。でも手数料がはっきりいってぼったくりレベルだと思うので、この成績はちょっと不満です。

今後もこのMAM口座の状況を報告しますね。

まだまだつづくよー

 

FX

Posted by esuke777