節約

国民年金の追納はnanacoで納めよう!

国民年金保険料の支払いは高額になるため、できればお得な方法で納めたいものです。今回は私の利用している方法をご紹介します。かなり知られている方法ですが・・・

 

nanacoは税金を支払うことができる電子マネー

国民年金保険料はコンビニで支払うことができますが、支払い方法は現金、nanacoの2種類しかありません。

現金はもちろんポイントは付きません。nanacoは、保険料支払いに対してはポイントは付きません。

一見どちらも同じのように思われますが、実はnanacoはクレジットカードからチャージができるので対応クレジットカードであれば、nanacoにチャージした分のポイントが付きます。つまり間接的にクレジットカード支払いができるというわけです。

nanacoチャージでポイントがつくクレジットカード

チャージに使うクレジットカードはどれでも良いというわけではありません。対応カードは

  • セブンカードプラス
  • 楽天カード
  • リクルートカード
  • 漢方スタイルクラブカード
  • ライフカード
  • Yahooカード

などがありますが、この中で一番還元率が高いのはリクルートカードの1.2%です。ただしリクルートカードはpontaがたまるしくみになっているため、pontaを使う機会があるか、リクルートグループのサービスを使う機会がないと使いこなせません。pontaは使えるお店が他のポイントサービスと比べて少ないですから汎用性は今一つです。

セブンカードプラス、漢方スタイルクラブカードとライフカードは還元率が低いので論外。昔の漢方スタイルカードは1.75%もポイントがつくし、現金還元という使い勝手の良さから最強のカードだったのですが、大幅に改悪されてしまいました。いまでも還元率が高いほうですが、nanaco用のカードとしては使えません。

残るは楽天カードとyahooカードですがどちらも還元率はおなじ1%です。しかし私は楽天カードをおすすめします。

楽天カードはnanacoチャージ最強カード

楽天ポイントは最近は実店舗でも使えますし、ネット通販でも利用できます。楽天はyahooショッピングよりも店舗数が多いので多くのひとが活用できるでしょう。また楽天ポイントで投資信託を購入できるサービスが今年の夏から開始される予定です。

余った楽天ポイントで投資信託を買えば、ポイント還元と投信の運用利益のダブルでお得になるのです。しかも100円から投信が購入できるのでポイントを無駄なく活用できます。これはyahooカードにはないメリットでしょう。

私の場合、追納額は581,120円ですのでその1%である5811円がポイント還元されて、投信の購入費用に充てることができますね。

ちなみに私はiphoneユーザーなので専用サイトからクレジットチャージを申し込んでいます。nanacoの最大チャージ額は5万円ですので、フルチャージすれば3か月分の保険料をおさめることができます。

どうせ払うのであれば最大限お得な支払方法を選択しましょう!

(追記)

ついに楽天カードでnanacoチャージのポイント還元がなくなってしまいました。yahooカードの還元も0.5%と改悪されています。現時点でnanacoチャージで高還元なのはリクルートカードのみです。