お出かけ

日帰り旅行 -北茨城市- その4(常陸大津の御船祭)

北茨城の御船祭り

周辺の散策のあとは目当ての御船祭を見てきました。

常陸大津の御船祭について

大津町の佐波波地祇(サワワチギ)神社で、5年に1度、5月2~3日に行われる春の大祭です。
国選択無形民俗文化財指定の御船祭は、神船の両側に海の幸を描き、御輿を乗せた神船を、水主(歌子)の歌う御船歌や囃しにあわせ300人ほどの曳き手に曳かれ町中を練り歩きます。船底に車輪はなく、ソロバンとよばれる井桁状に組んだ木枠100丁を敷き、20、30人の若者が船縁にとりつき左右に揺らしながら木枠の上を滑らすように曳いていくという、見ごたえのある勇壮な祭りです。

出典:常陸大津の御船祭

 

 結構混雑していたので見れるのか不安でしたが、意外と大丈夫でした。無理して有料の閲覧席に行かなくて良かったです。

船の移動方法ですが、まず船の前方にソロバンを敷きます。次に船の両側にいる人が船を大きく揺らしながら船を綱で曳きます。曳き終えたら船の後ろにあるソロバンを再び船の前に敷きます。これを繰り返してゴール(神輿を船から降ろす場所)を目指します。

この移動方法ため神船はあまり早く進めません。また船を大きく揺らすため船が横転する可能性もないとは言えないので、見学するときは周囲に気を付けたほうが良いと思います。実際船が傾いたまま止まってしまったことがありました。私はゴールの近くにいたので気長に待つことになりました。

神船を曳く人々

神船を曳く人々 神船を曳く人々

最初に船を曳くための縄が運ばれます。曳き手は祭りの参加者でなくても良いみたいです。

 ソロバン

北茨城の御船祭り

鉄道のレールのような役割を果たします。船との摩擦で焦げてしまい、船が通った後は焦げ臭いです。

神船

北茨城の御船祭り

 桜や海産物が描かれています。前方には神輿が載せてあります。普通神輿は人の手で担ぐのですがここでは船に載せたうえで町中を練り歩きます。前方の四隅には四神が描かれた掛け軸のようなものもありました。

北茨城の御船祭り 北茨城の御船祭り 北茨城の御船祭り

 結構船に人が乗っているんですね。少なくとも十人はいるみたいです。裃を着ている人やお囃子を担当している児童もいます。

北茨城の御船祭り

 後ろ姿。神船は復興の願いを載せてゆっくりと進みます。

船縁に張り付く男たち

北茨城の御船祭り

 船の左右にいる人たちが船を揺らします。けっこう危ないので見るときは少し離れたほうが良いです。船を揺らすことでより船を曳きやすくしているのではないでしょうか。