お出かけ

日帰り旅行 -北茨城市- その2(五浦六角堂)

五浦六角堂

 

 北茨城市日帰り旅行の続きです。大津漁港の次は五浦海岸に行ってきました。

御船祭開催の関係で交通規制が敷かれていたので、大津漁港から徒歩で行きました。大体20分くらい歩く上に坂道なので体力のない人は車で行ったほうが良いですね。五浦周辺には地魚料理が楽しめるお店も多いので五浦海岸の景色を堪能しながら昼食をとるのも良いのではないでしょうか?ただ今回は一応御船祭が目的だったので空いているお店が少なく、時間がないのでパスしました。

五浦六角堂

五浦六角堂

 五浦海岸の一番有名な場所。岡倉天心が設計したその名の通り6角形の建物です。この建物は明治時代に創建されましたが、東日本大震災による津波で流失し、その後再建されたものです。再建の経緯についても放映されているビデオで知ることができます。瓦や水晶などの一部の建材は回収できましたが、建屋そのものはついに見つからなかったそうです。土台しか残っていなかったのですから流失というより消滅したといったほうがしっくりくるくらいです。

五浦六角堂付近の海 五浦六角堂付近の海

透明度が高く海中の海藻類もしっかり肉眼で確認できます。あちこちに海産物の無断採取禁止の看板がありましたが納得です。

五浦六角堂付近の海 五浦六角堂付近の海 五浦六角堂付近の海

景色もさすがです。花が生えているところはこの後行きます。