日帰り旅行 -北茨城市- その1(二ツ島、大津漁港)

2017年11月12日

広告

北茨城市大津町の「常陸大津の御船祭(おふねまつり)」が国の重要無形民俗文化財に指定されました。本来このお祭りは5年毎に開催されるものでして、次の開催は2年後だったのですが、重要無形民俗文化財に指定されたことをうけて、今回臨時に開催されることになりました。せっかくの機会ですので北茨城市に日帰り旅行に行ってきました。

 

 

 

現地に到着したのは5月3日の早朝でした。お祭りのメインイベントは午後からなので、しばらく周辺地域を散策することにしました。

二ツ島

IMG_0318.jpg IMG_0317.jpg

北茨城市の名勝の一つ、2ツ島なのに島は一つしかない!調べてみると東日本大震災で島が崩落してしまったそうです。大きいほうも震災前はもっと大きく、木が生えていたそうです。近隣も津波対策の護岸工事が続いていて、海岸への出入り口が封鎖されていました。海岸に降りられなかったのは残念です。

大津漁港

IMG_0362.jpg IMG_0323.jpg

よう・そろー春まつりも同時開催されていたので結構混雑していました。本当は漁港直営の食堂で海鮮丼を食べてみたかったのですが、長蛇の列だったので断念。しかたなく屋台の特大穴子天ぷらを食べました。順番待ちの時間がながくで写真も撮れなかったし、漁業資料館にもいけなかったのであまり楽しめませんでした。食堂目当てでしたら大型連休はやっぱり避けたほうが良いのかも。

IMG_0321.jpg

東日本大震災記録碑。すぐ近くに津波避難タワーもありました。北茨城市では6名の方が犠牲になられたそうです。津波被害の痕跡は結構町中に残されています。近隣の民家にも未だに津波の跡が残されていすし、家屋の痕跡のある空き地も点在しています。(つづく)